炭素

New
進藤恭平 KYOUHEI SHINDO 青二鋼 切付 16.5cm
在庫あり
恭平鍛造の主「進藤恭平」氏は、大学在籍中に幼少期より好きであったものづくりを生業としたいという想いから将来は鍛冶屋という夢を懐き始め、自らのイメージするスタイルの鍛冶屋が多い高知県を目指す当初は週末を利用した修行の日々を送り、2019年に「恭平鍛造」を開業し独立。そして2020年には念願であった自社工場が完成し、現在はあらゆる刃物を精力的に日々製造する。また、高知県土佐刃物連合組合の鍛冶屋創成塾で講師補佐としても活躍。
佐治武士SAJI TAKESHI 青紙スーパー黒打鎚目牛刀 アイアンウッドハンドル 21/24cm
他のサイズ在庫あり
日本有数の刃物産地である福井県武生市にて刃物制作を行う「佐治打刃物」の三代目当主【佐治 武士】44歳という若さで伝統工芸士の認定を受け、30年以上に渡る経験と技術で様々な鉈やナイフ、包丁作りを手掛ける伝統を継承しつつもそれに囚われず、西洋のテイストを取り入れたブレイドデザインや、スポーツナイフに使用されるアイアンウッドやマイカルタなどの高機能な材料を操り独自の世界観を演出し、特に有色ダマスカスを使ったナイフはその見た目の美しさと相まって氏の作品として非常に有名かつ人気である
佐治武士SAJI TAKESHI 青紙スーパー黒打鎚目三徳 アイアンウッドハンドル 18cm
残りわずか
日本有数の刃物産地である福井県武生市にて刃物制作を行う「佐治打刃物」の三代目当主【佐治 武士】44歳という若さで伝統工芸士の認定を受け、30年以上に渡る経験と技術で様々な鉈やナイフ、包丁作りを手掛ける伝統を継承しつつもそれに囚われず、西洋のテイストを取り入れたブレイドデザインや、スポーツナイフに使用されるアイアンウッドやマイカルタなどの高機能な材料を操り独自の世界観を演出し、特に有色ダマスカスを使ったナイフはその見た目の美しさと相まって氏の作品として非常に有名かつ人気である
貴輔KISUKE【黒琰-KOKUENN】間中刃物鍛錬所 牛刀青紙一号ダマスカス本霞砥 カスタムハンドルBlue 30cm
残りわずか
間中刃物製作所五代目【間中 俊輔】鍛冶名【貴輔】が手掛ける完全手打ち包丁伝統を受け継ぐ技だけでなく、独自の学びと実地の鋼材研究にて確固たるスタンスを確立従来の白鋼、青鋼に留まらず、ステンレス鋼に粉末ハイス鋼、果ては海外製の最新高性能工具鋼の熱処理をもこなしその腕前に裏打ちされた自信と迫力の仕上げ、そして極めて鋭い切れ味が最大の特徴
貴輔KISUKE【琰-ENN】間中刃物鍛錬所 三徳青紙一号黒打鎚目ダマスカス本霞砥 黒檀銀巻柄 16.5cm
残りわずか
間中刃物製作所五代目【間中 俊輔】鍛冶名【貴輔】が手掛ける完全手打ち包丁伝統を受け継ぐ技だけでなく、独自の学びと実地の鋼材研究にて確固たるスタンスを確立従来の白鋼、青鋼に留まらず、ステンレス鋼に粉末ハイス鋼、果ては海外製の最新高性能工具鋼の熱処理をもこなしその腕前に裏打ちされた自信と迫力の仕上げ、そして極めて鋭い切れ味が最大の特徴
酔心 SUISIN 青二鋼 本霞仕上 蛸引 朴八角柄 27㎝
残りわずか
(有)ナイフシステムが有する包丁ブランド「酔心」は、一対一の真摯な包丁造りを理念に「刃物製造社にとっては数百丁に一丁でもお客様にとっては掛替えのない一丁」と考え、日々職人と共に丹精込めた包丁造りを行う丁寧に造り上げられる酔心包丁の全てに共通する特徴が、使用者の事を第一に考えられた圧倒的な砥ぎやすさと使いやすさ。机上理論や試験的データだけではなし得ない繊細な製品だからこそ生まれる要素であり、その切れ味からアフターサービスに至るまで極めて高次元にある
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ 板バネ(炭素鋼)クロ木柄 9cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ 板バネ(炭素鋼)アリク柄(ウレタン塗布)10cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ 板バネ(炭素鋼・ジープ)クロ木柄 9cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ 板バネ(炭素鋼)アリク柄(ウレタン塗布)9cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ 板バネ(炭素鋼)アリク柄(ウレタン塗布)9cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。