二唐刃物鍛造所NIGARA 白鋼一号本焼 柳刃  銀巻黒檀柄 30cm
zoom_out_map
chevron_left chevron_right

二唐刃物鍛造所NIGARA 白鋼一号本焼 柳刃 銀巻黒檀柄 30cm

青森県弘前市にて350年の歴史を受け継ぐ日本有数の刀鍛冶の名門「二唐刃物鍛造所」

津軽藩より作刀を命ぜられ、刀のみならず大砲から軍艦までをかつては製造しており、現在においては国土交通大臣認定工場の指定を受けるなどその高い技術力は脈々と受け継がれている。

包丁においては長い歴史と伝統技術に裏打ちされた丁寧な造りに加え、最新の高性能鋼材や海外でも認められる先進的なデザインを採用し、二唐刃物にしかなし得ない世界観を持つ。

¥330,660 *

¥330,660 税を含めない

notifications_active 残りわずか
説明

本焼き包丁

メーカーサイズ

300cm
刃渡り304mm
全長465mm
刃の厚み4.42mm
刃元の刃幅39mm
重量300g
  • 刃の鋼材: 白一鋼(白紙1号)本焼き
  • 刃の形状: 右利き用片刃
  • 銀巻黒檀柄
  • ブランド:二唐
  • 製造:二唐刃物鍛錬所
  • 青森県弘前市産
データシート
Nigara-二唐
id4938-30
ご使用上の注意

*包丁の刃が大きく欠ける原因となりますので、冷凍食品や凍った食材へのご使用はお控え下さい。

*炭素鋼(ハガネ)の包丁は非常に錆びやすい為、ご使用後は速やかに汚れを洗い流し、乾いたタオル等でよく水気を拭き取って下さい。

*ステンレスの包丁も、ご使用後は汚れを落とし、水気を取るようにして下さい。また、食洗機等のご利用は基本的にお控え下さい。

*体重を載せる、峰(背中)で叩く等、包丁に過剰な負荷を与えないで下さい。包丁の破損に繋がり大変危険です。

*切れ味が落ちてきた場合、簡易シャープナー等は刃を傷める原因となりますので、砥石をご利用下さい。

chat コメント (0)