二唐刃物鍛造所NIGARA SG2 磨き槌目 文化 ウェンジ柄 18cm
zoom_out_map
chevron_left chevron_right
在庫切れ

二唐刃物鍛造所NIGARA SG2 磨き槌目 文化 ウェンジ柄 18cm

青森県弘前市にて350年の歴史を受け継ぐ日本有数の刀鍛冶の名門「二唐刃物鍛造所」

津軽藩より作刀を命ぜられ、刀のみならず大砲から軍艦までをかつては製造しており、現在においては

国土交通大臣認定工場の指定を受けるなどその高い技術力は脈々と受け継がれている

包丁においては長い歴史と伝統技術に裏打ちされた丁寧な造りに加え、最新の高性能鋼材や

海外でも認められる先進的なデザインを採用し、二唐刃物にしかなし得ない世界観を持つ

¥37,200 *

¥37,200 税を含めない

block 在庫切れ
説明

侍の時代より伝統的な鍛造技術を継承する二唐刃物。伝統の技に現代の材料が合わさる両刃包丁。

刀身は芯材に最高級粉末ステンレス鋼SG2を使用し、切れ味の持続性に優れています。

サイズ 18cm
全長 310mm 
刃渡り 16.5mm
46mm
刃の厚み 2.22mm
重量 155g

鋼材:SG2 

柄:ウェンジ

刃の形状:両刃

メーカー名:二唐刃物鍛造所

産地:青森県弘前市

データシート
Nigara-二唐
id4457-18
ご使用上の注意

*ご注意

・手作りの包丁や天然の素材を使用したハンドルなどは、形状や仕上げ、色味等に個体差がありますので予めご了承ください

・専用の包丁以外で冷凍食品や骨を切らないで下さい。大きく刃が欠ける場合があります

・使用後は汚れたままにせず、中性洗剤等を使用し手洗いした後水分を除去してください

・炭素鋼の包丁は極めて錆びやすいため、早期に洗浄と水分の除去を行い、保管の際は椿油を塗布してください

・洗浄に食洗器を使用しないでください。錆やハンドルの破損につながる場合があります

・簡易シャープナーなどは刃を痛めるため極力使用しないでください。また、やむなく使用したのちには砥石でのメンテナンスを行ってください

chat コメント (0)