中華包丁

新着
武田刃物TAKEDA 備中手打ち鍛冶 日立青紙スーパー鋼 中華包丁 22-24cm
在庫あり
古式製鉄「たたら」製法のふるさと中国山地・新見に工房を構える「武田刃物工場」
山仕事用の鎌や斧などを官公庁に収めると共に、その伝統的手打ち鍛冶の技術で
和風のナイフや包丁を製造し、圧倒的な技術で薄く仕上げられ、ユニークな刃付けを
された包丁は特に切れ味に定評がある
またその素晴らしい切れ味を保つ為、職人ではない一般家庭でも簡単に砥ぎ直しが出来る
よう考案された「手持ち砥石」はヒット商品
現在は3代目【武田 松水】が技術を継承。伝統と合理性を融合させた高品質の刃物を製造し
世界中に熱狂的なファンを持つ
三昧MCUSTA ZANMAI 別誂 中華包丁 SPG2 18cm
在庫あり
世界に名だたる刃物のまち岐阜県関市にある「丸章工業株式会社」の製品は、数々の高性能工作機械と熟練の
職人の手仕上げにて制作される「感性で選ぶ一級品」として、世界中に提供され高い評価を受けている
使いやすく機能的なハサミの「Silky」日本の技術と和風デザインの高品質ナイフ「MCUSTA」に並ぶ
包丁ブランド「三昧」では、関の刀鍛冶の文化と職人技、先端技術を駆使して造られ、独自のテイストを持った
デザインとより優れた切れ味を追求している
三昧MCUSTA ZANMAI 別誂 中華包丁 VG10ダマスカス 18cm
在庫あり
世界に名だたる刃物のまち岐阜県関市にある「丸章工業株式会社」の製品は、数々の高性能工作機械と熟練の
職人の手仕上げにて制作される「感性で選ぶ一級品」として、世界中に提供され高い評価を受けている
使いやすく機能的なハサミの「Silky」日本の技術と和風デザインの高品質ナイフ「MCUSTA」に並ぶ
包丁ブランド「三昧」では、関の刀鍛冶の文化と職人技、先端技術を駆使して造られ、独自のテイストを持った
デザインとより優れた切れ味を追求している
武田刃物TAKEDA 備中手打ち鍛冶 日立青紙スーパー鋼 中華包丁 19-21cm
残りわずか
古式製鉄「たたら」製法のふるさと中国山地・新見に工房を構える「武田刃物工場」
山仕事用の鎌や斧などを官公庁に収めると共に、その伝統的手打ち鍛冶の技術で
和風のナイフや包丁を製造し、圧倒的な技術で薄く仕上げられ、ユニークな刃付けを
された包丁は特に切れ味に定評がある
またその素晴らしい切れ味を保つ為、職人ではない一般家庭でも簡単に砥ぎ直しが出来る
よう考案された「手持ち砥石」はヒット商品
現在は3代目【武田 松水】が技術を継承。伝統と合理性を融合させた高品質の刃物を製造し
世界中に熱狂的なファンを持つ
堺菊守SAKAI KIKUMORI 極上 中華包丁 中厚 22cm
残りわずか
1926年創業の「川村刃物株式会社」の包丁ブランド「堺菊守」では、調理現場における様々なステージで
活躍する“包丁”をより使いやすく親しみやすいよう研究開発に日々取り組んでいる
2014年には堺商工会議所の厳格な審査によって認定される「堺技衆」ブランドも取得し、入門者向けから
一流のプロ職人まであらゆる刃物のニーズに答えられる幅広いラインナップを持つ
堺菊守SAKAI KIKUMORI 極上 中華包丁 薄口 22cm
残りわずか
1926年創業の「川村刃物株式会社」の包丁ブランド「堺菊守」では、調理現場における様々なステージで
活躍する“包丁”をより使いやすく親しみやすいよう研究開発に日々取り組んでいる
2014年には堺商工会議所の厳格な審査によって認定される「堺技衆」ブランドも取得し、入門者向けから
一流のプロ職人まであらゆる刃物のニーズに答えられる幅広いラインナップを持つ
堺菊守SAKAI KIKUMORI クレーバー 21cm
残りわずか
1926年創業の「川村刃物株式会社」の包丁ブランド「堺菊守」では、調理現場における様々なステージで
活躍する“包丁”をより使いやすく親しみやすいよう研究開発に日々取り組んでいる
2014年には堺商工会議所の厳格な審査によって認定される「堺技衆」ブランドも取得し、入門者向けから
一流のプロ職人まであらゆる刃物のニーズに答えられる幅広いラインナップを持つ
堺菊守SAKAI KIKUMORI SKK 中華包丁 22cm
残りわずか
1926年創業の「川村刃物株式会社」の包丁ブランド「堺菊守」では、調理現場における様々なステージで
活躍する“包丁”をより使いやすく親しみやすいよう研究開発に日々取り組んでいる
2014年には堺商工会議所の厳格な審査によって認定される「堺技衆」ブランドも取得し、入門者向けから
一流のプロ職人まであらゆる刃物のニーズに答えられる幅広いラインナップを持つ
佐治武士SAJI TAKESHI R2 ダイヤモンドフィニッシュ 中華 22cm
在庫切れ
日本有数の刃物産地である福井県武生市にて刃物制作を行う「佐治打刃物」の三代目当主【佐治 武士】
44歳という若さで伝統工芸士の認定を受け、30年以上に渡る経験と技術で様々な鉈やナイフ、包丁作りを
手掛ける
伝統を継承しつつもそれに囚われず、西洋のテイストを取り入れたブレイドデザインや、スポーツナイフ
に使用されるアイアンウッドやマイカルタなどの高機能な材料を操り独自の世界観を演出し、特に
有色ダマスカスを使ったナイフはその見た目の美しさと相まって氏の作品として非常に有名かつ人気である