包丁の種類から選ぶ

レッドオルカ RED ORCA 青二鋼本焼 舟行 黒檀八角銀巻柄 18cm
残りわずか
甲伏せ造りとは、日本刀と同じ製法で、高度な技術と経験が求められる難しい技法。
「鍛造の切れ味を持ちながら、弾力があるもの、他にはない物を造りたい」という想いから1995年に甲伏せ造りにたどりつき生み出されました。従来の打ち刃物は、鉄の中に鋼を割り込む(鋼を鉄で挟む)のですが、甲伏せ造りはその逆、日本刀と同じ作り方で「鋼の中に鉄を割り込む」言い換えれば、「心金となる極軟鉄に鋼を巻く」方法で造られます。この高度な技術が求められる製法で、手間暇かけて鍛造されているからこそ、安来鋼(やすきはがね)でスプリング材ほどの弾力をもち、強靱かつ刃持ちがよい(欠けない)ブレードを実現できたそうです。ちなみに、「レッドオルカ/red orca」 というブランド名は販売責任者の秋友祥造が好きだという鯱(シャチ)にちなんで付けられたそうです。
レッドオルカ RED ORCA 青二鋼本焼 骨スキ 黒檀八角銀巻柄 16cm
残りわずか
甲伏せ造りとは、日本刀と同じ製法で、高度な技術と経験が求められる難しい技法。
「鍛造の切れ味を持ちながら、弾力があるもの、他にはない物を造りたい」という想いから1995年に甲伏せ造りにたどりつき生み出されました。従来の打ち刃物は、鉄の中に鋼を割り込む(鋼を鉄で挟む)のですが、甲伏せ造りはその逆、日本刀と同じ作り方で「鋼の中に鉄を割り込む」言い換えれば、「心金となる極軟鉄に鋼を巻く」方法で造られます。この高度な技術が求められる製法で、手間暇かけて鍛造されているからこそ、安来鋼(やすきはがね)でスプリング材ほどの弾力をもち、強靱かつ刃持ちがよい(欠けない)ブレードを実現できたそうです。ちなみに、「レッドオルカ/red orca」 というブランド名は販売責任者の秋友祥造が好きだという鯱(シャチ)にちなんで付けられたそうです。
カニマン鍛治工房 シマ包丁(両刃)白紙二号 クロ木柄 20cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 シマ包丁(薄両刃)白紙二号 クロ木焼き柄 20cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ(薄両刃)銀三鋼 カイズカイブキ柄 15cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ(薄両刃)銀三鋼 エゾシカ柄 16cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 ペティーナイフ(薄両刃)銀三鋼 アリク柄 14cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 シマ包丁(両刃)白紙二号 タカチ柄 18cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 三徳包丁(薄両刃)青紙スーパー アリク材 15cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
カニマン鍛治工房 シマ包丁(薄両刃)白紙二号 クロ木焼き柄 20cm
残りわずか
カニマンとは、沖縄の古語で「鍛冶屋」「鉄に関わる人」だそうです・南島の伝統刃物をベースに現代の生活に合う刃物を製作しています・鋼材は刃物の用途によって廃材や刃物専用鋼から選別し、柄は沖縄の木を用いることが多い。シマ包丁 - 沖縄の歴史風土の中で使われていた包丁を現代の台所事情に合うように軽く短く設計したもの。
酔心 INOX 牛刀 限定モデル 茶合板 18cm/21cm/24cm/27cm
在庫あり
(有)ナイフシステムが有する包丁ブランド「酔心」は、一対一の真摯な包丁造りを 
理念に「刃物製造社にとっては数百丁に一丁でもお客様にとっては掛替えのない一丁」 と考え、日々職人と共に丹精込めた包丁造りを行う。
 丁寧に造り上げられる酔心包丁の全てに共通する特徴が、使用者の事を第一に考えられた 圧倒的な砥ぎやすさと使いやすさ。
机上理論や試験的データだけではなし得ない繊細な製品 だからこそ生まれる要素であり、その切れ味からアフターサービスに至るまで極めて高次元にある。
酔心 INOX 筋引 限定モデル 茶合板 24cm/27cm
他のサイズ在庫あり
(有)ナイフシステムが有する包丁ブランド「酔心」は、一対一の真摯な包丁造りを 
理念に「刃物製造社にとっては数百丁に一丁でもお客様にとっては掛替えのない一丁」 と考え、日々職人と共に丹精込めた包丁造りを行う。
 丁寧に造り上げられる酔心包丁の全てに共通する特徴が、使用者の事を第一に考えられた 圧倒的な砥ぎやすさと使いやすさ。
机上理論や試験的データだけではなし得ない繊細な製品 だからこそ生まれる要素であり、その切れ味からアフターサービスに至るまで極めて高次元にある。
酔心 INOX 和風出刃 限定モデル 茶合板 16.5cm
残りわずか
(有)ナイフシステムが有する包丁ブランド「酔心」は、一対一の真摯な包丁造りを 
理念に「刃物製造社にとっては数百丁に一丁でもお客様にとっては掛替えのない一丁」 と考え、日々職人と共に丹精込めた包丁造りを行う。
 丁寧に造り上げられる酔心包丁の全てに共通する特徴が、使用者の事を第一に考えられた 圧倒的な砥ぎやすさと使いやすさ。
机上理論や試験的データだけではなし得ない繊細な製品 だからこそ生まれる要素であり、その切れ味からアフターサービスに至るまで極めて高次元にある。
酔心 INOX サバキ東型 限定モデル 茶合板 15cm
在庫あり
(有)ナイフシステムが有する包丁ブランド「酔心」は、一対一の真摯な包丁造りを 
理念に「刃物製造社にとっては数百丁に一丁でもお客様にとっては掛替えのない一丁」 と考え、日々職人と共に丹精込めた包丁造りを行う。
 丁寧に造り上げられる酔心包丁の全てに共通する特徴が、使用者の事を第一に考えられた 圧倒的な砥ぎやすさと使いやすさ。
机上理論や試験的データだけではなし得ない繊細な製品 だからこそ生まれる要素であり、その切れ味からアフターサービスに至るまで極めて高次元にある。
酔心 INOX ペティナイフ 限定モデル 茶合板 12cm/15cm
残りわずか
(有)ナイフシステムが有する包丁ブランド「酔心」は、一対一の真摯な包丁造りを 
理念に「刃物製造社にとっては数百丁に一丁でもお客様にとっては掛替えのない一丁」 と考え、日々職人と共に丹精込めた包丁造りを行う。
 丁寧に造り上げられる酔心包丁の全てに共通する特徴が、使用者の事を第一に考えられた 圧倒的な砥ぎやすさと使いやすさ。
机上理論や試験的データだけではなし得ない繊細な製品 だからこそ生まれる要素であり、その切れ味からアフターサービスに至るまで極めて高次元にある。
酔心 INOX パーリングナイフ 限定モデル 茶合板 80mm
残りわずか
(有)ナイフシステムが有する包丁ブランド「酔心」は、一対一の真摯な包丁造りを 
理念に「刃物製造社にとっては数百丁に一丁でもお客様にとっては掛替えのない一丁」 と考え、日々職人と共に丹精込めた包丁造りを行う。
 丁寧に造り上げられる酔心包丁の全てに共通する特徴が、使用者の事を第一に考えられた 圧倒的な砥ぎやすさと使いやすさ。
机上理論や試験的データだけではなし得ない繊細な製品 だからこそ生まれる要素であり、その切れ味からアフターサービスに至るまで極めて高次元にある。
三浦刃物 MIURA 柳刃 白紙二号 黒打 カスタムハンドル 9寸(27cm)/10寸(30cm)
残りわずか
手に取りやすいコストパフォーマンスに優れたモデルから、職人が手掛ける一品物まで幅広く取り扱う三浦刃物店のブランド
日本国内の有名刃物産地は勿論、上級シリーズの【頂】【佩】【梔】など、プロ・アマを問わないラインナップを提供
【シェフヒロ×三浦】三浦 佩 別誂「広」勘所切付柳刃 銀三鋼 霞 水牛黒角口輪銀巻黒檀八角柄 9寸(27㎝)
在庫あり
SNS総フォロアー数800万人越えのシェフヒロが、世界中の和食料理人のためにプロデュースした鍛造庖丁。
安来鋼をその素材の主とする和包丁の本場・堺において、ステンレス鋼の鍛造を得意とした白木刃物の流れをくむ若き鍛冶師・中川悟志が鍛え、名人・野村祥太郎が伝統的な木戸仕上げ砥ぎを行った逸品です。
宮崎鍛冶屋 MIYAZAKI KAJIYA-青二鋼 多層軟鉄本割込 水焼 -椿- 筋引 -栗型朴柄 27cm
残りわずか
長崎県五島市にて、全ての工程を手作業で行い、刃こぼれし難く砥ぎやすいという使いやすさを追求した包丁造りを行う【宮崎 春生】氏伝統の「博多一本包丁」や、日本唯一の「土俵鍬」の制作を行う「大庭鍛冶工場」3代目【大庭 利男】氏に5年間師事し腕を磨く博多包丁に通ずるユニークな形状の椿包丁を筆頭に、野鍛冶ならではのエネルギッシュな仕上げが手作りの味を感じさせる.
宮崎鍛冶屋 MIYAZAKI KAJIYA -白二鋼 多層軟鉄本割込 水焼 -椿- 筋引 -栗型朴柄 27cm
在庫あり

長崎県五島市にて、全ての工程を手作業で行い、刃こぼれし難く砥ぎやすいという使いやすさを追求した包丁造りを行う【宮崎 春生】氏
伝統の「博多一本包丁」や、日本唯一の「土俵鍬」の制作を行う「大庭鍛冶工場」3代目【大庭 利男】氏に5年間師事し腕を磨く
博多包丁に通ずるユニークな形状の椿包丁を筆頭に、野鍛冶ならではのエネルギッシュな仕上げが手作りの味を感じさせる.
三浦刃物MIURA KNIVES ステン銀三 切付牛刀 焦茶柄 21㎝
在庫あり
昭和2年創業の「株式会社山脇刃物製作所」は、本職用高級包丁を中心に調理師・料理学校用そして家庭用まで幅広いラインナップを有する老舗メーカー。鎌倉時代の刀鍛冶「郷右馬允義弘」の名を冠したメインブランドはその名に恥じない高い品質を持ち、大阪は堺市に留まらず日本を代表する伝統産業を担うと共に他社にはないユニークな製品の開発を手掛けるなど、600年の堺刃物の伝統と革新性を併せ持つ
三浦刃物MIURA KNIVES 三浦 佩 白二鋼 鏡面仕上げ カスタムハンドル 先丸柳刃 30cm
残りわずか
平安・鎌倉の時代の武士が太刀を佩いて戦に臨んだ様に、職人の方に現場で使って頂きたい。
そんな三浦刃物店の上級ブランドシリーズが「佩”おびだま”」です。
刀身は白鋼、青鋼からステンレス材までを自在に扱う大阪は堺の白木刃物「中川悟志」氏の手により
鍛えられ、こだわりを持った制作にてどれもが鋭い切れ味を持ちます。
三浦刃物MIURA KNIVES 三浦 佩 白二鋼 鏡面仕上げ カスタムハンドル 先丸柳刃 30cm
残りわずか
平安・鎌倉の時代の武士が太刀を佩いて戦に臨んだ様に、職人の方に現場で使って頂きたい。
そんな三浦刃物店の上級ブランドシリーズが「佩”おびだま”」です。
刀身は白鋼、青鋼からステンレス材までを自在に扱う大阪は堺の白木刃物「中川悟志」氏の手により
鍛えられ、こだわりを持った制作にてどれもが鋭い切れ味を持ちます。
田中一之刃物製作所 SHIGEKI TANAKA SG2 ダマスカス ステンレス 牛刀 ウォルナット柄 24cm
残りわずか
明治末期に鎌鍛冶として始まり、現在は「田中一之刃物製作所」とし、「誠貴作」のブランドは
国内外を問わず有名。手打ちに拘る伝統の包丁造りを行いながら、ゴスロリファッションを始め
極めて斬新なコラボデザインにも挑戦し高い評価を受ける